女性が婚活で成功するポイント

MENU

婚活でも『見た目』が大事

男女が『夫婦』になるためには、体の関係を持つことが必要になります。

そのため、『ある程度異性として魅力的であること』が、婚活では絶対条件になります!

 

「ありのままの自分で好きになって欲しい!」と、何も外見上の努力をしないで、何年も婚活している人ほど、まずは『外見を磨きましょう』!
自分だって、清潔感がなかったり、太っていて、服のセンスがダサい人と結婚したいと思いますか?

 

男女ともに、『デブ』は敬遠される傾向があります。

 

健康のためにも、やはり太り過ぎている人は、ある程度ダイエットをして、少しでも痩せる努力も必要です。

 

「ありのまま」なんて言い訳をして、ダイエットをサボっている人は、婚活が上手くいくわけありません!
「ありのまま」で良いのは、外見ではなく、性格の部分です。

 

男性だって、結婚してもある程度は女性に小綺麗にしてほしいものです。
女優のように綺麗にしろというわけではなく、やはり『努力』は必要です。

 

結婚してから、ムダ毛の処理が面倒になってしまい、そういう奥様を見てがっくりした男性が意外にセックスレスになってしまうこともあります。
「エステでワキ脱毛して!」とまでは言わないですが、やはり最低限、女性としての身だしなみは、結婚前も結婚後も気を付けるべきです。

相手ではなく『自分のスペック』も大事!

婚活をしている女性の中には、『相手に対する条件』はうんと高いのに、自分のスペックがうんと低い女性がいます。

 

『年収400万円以上で中肉中背で温厚な人』婚活女性の中で需要の多い理想です。
現実路線で、これだったら見つかるかもと思う人が多いと思います。

 

でも、現実的に、年収400万円以上をクリアしている『20代の男性』というのが実はすごく少ないのです。

 

40代や50代であれば、楽々クリアしていく条件でも、20代の男性には年収400万円以上というのは『凄い高いハードル』なのです。
まずその現実に気付いていない女性が多すぎます。

 

むしろ、超えている男性がいるとすれば、それはすごい『エリート』の部類に入る男性です。
そうしたエリート男性に見合うスペックを、果たして女性側は持っているのでしょうか?

 

最近のエリート男性は、女性に『知的さ』『経済力』を求める人も多いです。
自分の稼いだお金で楽をしようとする女性ではなく、一緒に資産を増やしているような、前向きな女性を好む傾向があります。

 

そのため、エリートを射止めるのであれば、自分のスペックも高くなければいけません

 

相手にとって魅力的な武器が、女性側にもありますか?
相手だって、結婚相手を求めているのですから、相手の望む条件を満たしていなければ、当然結婚には至りません。

 

婚活が下手な人は『男性の需要がわかっていない』

婚活をしている人の中には、恋愛経験が少なく、『男性の需要』が分かっていない人がいます。

 

冷静に考えればわかることですが、恋愛に慣れていない人というのは、相手に振り向いてもらうことに必死になり過ぎてしまいがち。
相手が『何』を求めているのかわからず、自分のアピールしたいものだけを無駄にアピールして終わっている人がいます。

 

『効果的なアピール』というのは、『相手の需要に合致するアピール』をすることです。
相手が料理好きな女性を求めているなら、料理や家庭的な部分でアピールするのがやはり常套手段です。

 

しかし、恋愛下手な人は『相手のニーズに合わせる』のではなく、『自分に自信がある分野で勝負』しようとする人が多いです。
いくら自分が「経済力」に自信をもっているからといっても、『料理好き』を希望している人に経済力でアピールしても、あまり効果がありません。

 

料理好きな人には、やはり家庭的な要素でアプローチ。
共働きを希望している人には、経済力でアプローチ。

 

相手に「あ、いいな」って思ってもらうためには、相手が『何を望んでいるのか』空気を読む技術というのも大事です。

 

一方的に自分ができることだけをアピールしても、婚活は上手く行きません。
そういう意味では、やはり恋愛慣れしている人の方が、相手の気持ちを読むことに長けているケースが多いです。

 

 

なぜバツイチでもすぐに結婚できるのか?

婚活をしている人は、バツイチの人も意外に多くいます。

でも、バツイチというのは、世間一般的ではあまり良い印象ではないので、独身女性からすると、内心「あの子よりは私の方が上だな」と油断をしてみている人もいると思います。

 

ところが、実際に婚活パーティーなんかに参加してみると、意外にバツイチ女性が大人気になったりするケースも少なくありません。
「離婚経験がある子持ちの女性よりも、未婚の自分の方が人気ない!?」という現実に、グサッと傷つくこともあります。

 

確かにバツイチというのは、結婚で一度失敗しているので、それだけを聞くと、あまり良いとは思えないでしょう。

 

でも、『モテるバツイチ』というのは、外見が良い人が多いです。
さすが、一度は経験したことがあるだけに、ビジュアル的な魅力が高い人が多いのです。

 

また、考えようによっては、一度結婚を経験しているので、2回目は反省を生かすのでないかと、期待ができる部分もあります。
さすがにブス・デブ・子持ちのバツイチでは条件が悪いのでモテません。
しかし、美人でスタイルが良ければ、子持ちであろうが、バツイチだろうが、やはりモテてしまうのです。

 

また、バツイチの方が、『経験が多く余裕がある』という風に見られる場合も、頼りがいを感じてモテルことが多いです。
未婚女性にはない魅力が、やはりバツイチにはあるのです。

更新履歴