女性が婚活で成功するポイント

MENU

言葉遣いは大事!

男性が会話の中で、「この子いいな」と思う要素の一つに『言葉遣い』があります。

「すげー」「うまーい」など、男性が普通に使っている言葉は、女性が使うと「品を感じない」ので絶対に止めましょう。

 

言葉遣いは『育ちの良さ・悪さ』を表すと言われているくらいですので、汚い言葉遣いをしている人は、それだけ悪印象を与えてしまいます。
営業などをして、普段取引先と敬語を使って話す機会が多い人などは、特に言葉遣いが汚い女性には非常に嫌悪感を抱く人がいます。

 

「男の自分ですら、敬語に気を遣っているのに、女性が自分よりも汚い言葉で話すのは耐えられない」という人は多いです。
特に堅い職場に勤めている人ほど、言葉の汚い女性を嫌う傾向があります。

 

やはり会社の人に奥さんを紹介した時、あんまり妻の言葉遣いが汚いと、会社の人に会せるのが心配だとか、不安になってしまうと考えている人もいるからです。
大工など男性側の職業が比較的堅くない場合は、それほど言葉遣いにはうるさくない人も多いですが、やはり女性は言葉遣いには気をつけたいものです。

 

一般的な会社勤めをしている人には言葉遣いがひどい人はあまりいませんが、やはり一度も社会経験がない人は、言葉遣いがあまり綺麗ではない人もいます。
一般常識として、通用するくらいの敬語は身につけておきたいものです。

 

特に30歳を過ぎても言葉遣いが汚い人は、致命傷になる可能性がありますので、気を付ける必要があります。

話す速度は『ゆっくり』がおススメ

女性はゆっくりした話し方の女性を「ぶりっ子」だとか「イライラしてくる」と、あまり好意的に感じない人が多いですが、実は男性に対しては『ゆっくり』な話し方は非常に有効だったりします。

 

ゆっくりしていると、それだけ性格もおっとりしているようにみられ、女性らしく見られます。

 

普段会社で上司からプレッシャーをかけられ、早口などでまくしたてられている人などは、ゆっくり話をしてくれる女性の方が、ホッとした印象を抱き、好感を抱きやすくなる可能性があります。

 

男性には、「ぶりっ子」を好む人も多いですし、「早口でまくしたてる」女性よりも、「ゆっくり」話す女性の方が、一緒にいて癒されるという人が多いのだと思います。
早口というのは、やっぱりガツガツした印象があるため、会話が苦手な男性にとっては、賛否両論になりやすい部分です。

 

女性も最近は、肉食系のガツガツした男性よりも、草食系の人が人気のように、男性もやっぱり女性には、癒しを感じる様な人の方が人気があります。

 

関西など会話のテンポを重視するような地域で育った人には、早口女性も魅力的に映るケースもあると思います。
しかし、やはり『嫁探し』となると、家庭に癒しを求めている人が多いので、癒しを感じる話し方をする女性というのは、非常に人気があります。

 

どうしても早口になってしまう人は、一方的な会話になってしまわないように、聞き上手な部分も、しっかり出していけると、早口をカバーできます。