女性が婚活で成功するポイント

MENU

やっぱり強い!『女の若さ』

女性は『30歳過ぎても自力で結婚相手を見つけることができなかったら婚活しよう』と思っている人がいます。

20代はどうにか自力で見つけてみたいと思う人が多いですよね。

 

結婚相談所に登録する場合、料金が高額になりますので、やはり何とか結婚相談所を利用しないで済むようにしたいというのが本音にあると思います。
しかし、『30歳過ぎてからの婚活』というのは、実は『遅い』と言われています。

 

結婚相談所で女性が人を自由に選べるのは『20代まで』と言われています。
結婚相談所では、絞り込み検索をする時などに、大雑把に『20代』『30代』と分けられてしまうことが多く、若い女性を希望している男性からすると、『20代』のみを対象にしていることも多いと言います。

 

29歳はギリギリでも『20代』に分類されるので、出会いのチャンスが広がります。
たった1歳の差でも、『30歳』になってしまうと、『30代』に分類されてしまうので、出会いのチャンスが激減します。

 

男性は50代でも20代でも『若い女性』を求めている人が多く、結婚相談所で良い縁談をまとめられる可能性が高いのは『20代』のうちと言われています。
30代になってしまうと、相手の男性から年齢を理由に「ごめんなさい」と断れることもあり、自分で婚活をするのと変わらないくらい、成婚に至るまでの道のりが難しくなります。

 

女性はやはり『若さ』に大きな価値があります。
婚活を始めるのであれば、30歳になってからではなく、20代から始めるのがおススメです。

理想は高くても良い!でも自分がそれに見合う価値があるか?

よく独身女性の場合は、「理想が高いから結婚できない!」と言われることがあります。

しかし、理想は高くても良いのです!

 

自分の嫌な条件の人と結婚したって、これから何十年と続くわけがないからです。
自分の理想の人と結婚するのが一番良いのに決まっています!

 

では、婚活で結婚できない人の場合、何が問題かというと、相手に望む条件が高い割に、『自分のスペックが低い』ケースが多いからです。
相手に高い条件を望むのであれば、女性側のスペックも高くないといけません。

 

自分のスペックが低いのに、相手にだけ高望みをする人は、やはりなかなか結婚できません。
よほど外見が美人とか、経済力があるとか、高い理想に見合うだけの長所が自分にあることが大事です。

 

婚活で理想が高くて結婚できないと言われている人は、一度自分のスペックを見直してみる必要があります。
周りの友人が「高望み!」という場合、それは単純に『理想が高い』という意味ではなく、「あんたにはハードルが高い」という意味も含まれています。

 

自分の評価というのは自分ではしにくいものです。
なので周りの友人からのコメントの方がよほど的を得ている可能性があります。

 

まずはしっかりと冷静に自分のスペックを理解して、「どのレベルの男性だったら結婚できそうなのか」考えるのも大事になってきます。
結婚は『身の丈に応じた男性』を探すというのが、一つの大事になってきます。

 

相手の男性の方が一生養っていくことになるんですから、結婚相手については、女性以上にシビアにチェックしている人も多いです。