女性が婚活で成功するポイント

MENU

若い男ほど『共働き』希望

今の20代や30代は、年収300万円も珍しくないほど、あまりお金を持っている人がいません。

そのため、若くて財を築いている人は、奪い合いになるほどの激戦になり、余る人はいつまでも結婚できない傾向があります。

 

20代や30代の男性も、自分に経済力がそれほどないことがわかっているので、女性のように「早く結婚したい」と思う人はそれほど多くありません。
仕事の様子を見ながら、徐々に経済力がついてきた段階で結婚を意識する人が多いです。

 

更に、20代や30代のお給料では、男性一人だけでやっていくには、不安が付き纏うので、「共働き」を希望する人も非常に多いです。
やはり共働きを前提に結婚したいと思う人は一定数いますので、女性がそれに同意できるかどうかというのが問題になってくるでしょうね。

 

「働いても良い!」という人は、比較的若い男性とも上手く行く可能性があります。
しかし、「専業希望なので共働きは嫌」となると、20代や30代の男性とは価値観が合わずに苦戦する可能性が高くなります。

 

結婚相談所に登録する男性の場合は、ある程度年収に自信がある人が登録をすることが多いです。
しかし、男性も入会費などお金をかけて出会いを求めているため、入会金の元を取ろうと、出来るだけレベルの高い女性を求める人も少なくありません。

 

婚活は、どこを妥協して、どこを貫くのか、匙加減が難しい部分が沢山あります。
しかし、専業主婦よりも働きに出られる女性の方が、結婚のチャンスは多くやってくると思います。

 

『専業主婦』になるには?

最近の女性は、専業主婦を求める人が多くいます。

専業主婦を求める人は、『若い世代』よりも『中高年』を対象にして婚活をした方が成功率が高くなります。

 

現在の20代や30代は、『共働き』を希望している人が多く、家計が厳しくなった時には、アルバイトでもいいから外に働きに出て欲しいと望んでいる人が多いです。
完全な専業主婦を望んでいる人は少ないため、若い世代を対象に専業主婦希望で就職活動した場合、なかなか望みどおりにならない可能性があります。

 

むしろ、専業主婦にしてくれる財力があるのは、40代や50代の中高年です。

 

経済力のない20代や30代では、なかなか専業主婦に良い感情を持っている人も少ないため、やはりどうしても専業主婦になりたいのであれば、婚活の対象年齢を上げることが大事です。

 

20代で経済力があって、専業主婦もOKする男性は、やはり数が少なく、いたとしてもライバルが多すぎて激戦になります。
若い男性と年配の男性では、やはり財力が違います。

 

財力が違って来れば、女性の労働の必要性も変わってきます。
働きたくない人であれば、やはり財力を重視して結婚する必要が出てきますので、若い世代は諦めた方が賢明です。

 

若くてハンサムで、経済力もあって専業主婦もOKの男性は、射止めるのであれば、女性のレベルもそれ相応に高い必要があります。
人気のある男性は奪い合いになりますので、自分がそうしたライバルを蹴落とせるくらいの魅力がある女性でないと、実際問題、結婚するのは難しいことです。