女性が婚活で成功するポイント

MENU

時代が変わっても『家庭的な女』は常に需要がある!

なんだかんだで婚活で強い女性はやはり『家庭的な人』です。

家事が得意な人は、やはり男性にはウケが良いです。

 

特に最近は、看護師などの献身的な職業についている女性も人気があります。
いずれも男性が年を取った時に、面倒見てくれそうな女性というのが一つのポイントかもしれません。

 

男性の場合、入会金を払ってでも結婚したいと思う人は、やはり自分にそれだけ尽くしてくれるような女性を求めている傾向があります。
経済的には入会金が支払えるくらいなので、それほど困っている人はいません。

 

ただ、恋愛経験が少ない人は多いので、女性というものに大きな期待をしている人も少なくありません。
特に男性兄弟で育った人は、恋愛経験も少ないと、女性というものに幻想を抱きがちです。

 

姉や妹がいる男性というのは、女性もだらしない部分があったり、言葉遣いが悪いとか、色々な部分で現実を知っているので、女性に過度の期待をしません。
女性のことをあまり良くわかっていない男性も、婚活中には多く、『女性らしさ』を求められる部分が非常に多いと感じると思います。

 

中でも、家事は男性側が女性に側に求めたい事の一つですので、やはり家事が得意な人というのは、それほど理想が高くなければ、比較的簡単に結婚相手は見つかるでしょう。

 

逆に「仕事をしたいので家事は男性にお任せしたい!」という女性は、一般的な結婚相談所で探すのは難しいケースもあります。
家事をしない女性を嫌う男性も多いので、家事がしたくないというのは、女性にとって大きなデメリットになる可能性があります。

家事の怠慢は離婚問題に発展する可能性あり!

離婚理由は様々ですが、特に男女で揉めることが多いのが『家事の分担』についてです。

専業主婦なら家事を全部するのが当たり前ですが、共働きの場合は、家事の分担でかなり揉めることがあります。

 

特に男性があまり家事をしたがらない場合、やはり女性の負担が相当大きくなってきます。
家事が得意で好きな人なら、家事の負担が大きくなっても許せるかもしれませんが、やはり男性にもやって欲しいと思っている人は不満が大きくなりやすいです。

 

家事が苦手な人の場合、婚活中に、相手の男性がどれくらい自分に家事を求めているのか、しっかり見極める必要があります。
やはり男性は、基本は家事は女性にやって欲しい人が圧倒的に多いです。

 

『家事の協力』は厭わないけど、『家事を任せられる』のは嫌という人も結構います。
なんだかんだで、家事をやってもらたい人が多いということを覚悟しないといけません。

 

そのため、結婚後にどうしても家事がやりたくない人の場合で、女性に経済力があるのであれば、『専業主夫』を求めると言うスタンスで婚活をした方が、逆に上手くいく可能性もあります。

 

最近は男性の方が、稼ぎが少なく、女性の方が仕事に向いている人もいます。

 

やはりそういう場合あまりこれまでの夫婦の形に捕われず、結婚のビジョンが似ている人と結婚した方が、やはり上手く行く可能性があります。
女性の中には、やっぱり家事が得意ではなく、仕事の方が好きという人もいますので、経済力があるのであれば、そういう結婚相手の探し方も良いと思います。